理不尽な天下り


 交通行政は警察のカネ儲けの温床だという。

 年間約一万人以上が交通事故で亡くなっているという現実、警察は交通安全の為として、天下り団体に莫大なカネを流し込んでいる。

信号機、標識の増設、免許停止に追い込み、色々な手口で交通安全協会にお金が落ちる仕組みになっているという。

毎年1000万件を超えて行われている交通取り締まりの背景には、莫大な警察利権があるのだ。現実は、多くの取り締まりは交通安全には関係なく、警察官達に与えられた検挙ノルマ達成のために行われている。

それが街の交通・治安維持に役立っていると言えば、そういう見方もあり、実際そうなのかもしれない。しかし、年間900億円もの金が反則金として徴収され、交通安全対策特別交付金として都道府県、市町村に分配され、天下り先の会社である信号機や標識などの製作会社や、交通安全施設の設置、管理の団体にばらまかれているといった実態を知れば、到底ピュアに警察の正義として受け入れることは難しい。

全国で十九万機ある信号機は、田舎の通行量の少ない所にも設置され、不況といわれる現在も増え続けている。それを見ても分かる通り、警察と交通安全協会の癒着は深刻であり、尚、激しくなる一方なのである。こうした実態を直視すると、警察官の潜在意識の中に職務とかけ離れた思想が存在してしまうのも、ごく当然の結果なのだという事に辿りつく。

ここ10年ほどの道路交通法の改正を見ても、交通安全協会にカネが落ちるシステムを法律的に裏付けていっているという事実がある。警察の裏ガネ作りが難しくなっていくなか、交通安全協会などの天下り団体を潤わせ、そこで作られた裏ガネを警察に流し込み、幹部が私腹を肥やすというシステムがさらに強化されるという構図がハッキリと浮かび上がってくるのだ。

全国約7400万人のドライバーが、警察の天下り団体である交通安全協会を潤すために、3年もしくは五年毎に煩雑な運転免許証更新を義務づけられ、600億円もの収入を得ている。警察が主張しているような安全運転のためと言うのは「立前」で「本音」はお金儲けのためなのだろうと考えるのは、邪推であろうか…。

そもそも、更新手数料などは必要経費なのだろうか…。私にはそうとは思えない。で、あるなら、国民の財産権を侵害する不等な悪法であるとしか言いようがない。集めた金は一度国庫に収められた後、還元され、殆が裏金となって、警察官僚の使い放題の金庫と言う状態だというから驚かずにはいられない。
 続いてパチンコ業界。日本の賭博文化の代表といえるパチンコ業界は、玉代の売上を30兆円とのばし、庶民に定着させ急成長し莫大な富を蓄積した。パチンコ業界の巨額の脱税が毎年指摘されているのは周知の通り。賭博業界は金の動きを外部から追跡するのが極めて困難であるために、業界全体の脱税額は気の遠くなるような金額にのぼると見られている。そのパチンコ産業の企業、団体のポストは、警察官僚の天下り先として確保されているというのだ。

全国各管区警察局長ごとに天下り先の縄張りが決められており、すでに税務署も手を出せないような強固な組織が確立されてしまっているというから驚きである。

パチンコは歴然と賭博性を持った企業へと変貌した。監督官庁である警察がこの動きを後押し、ますます天下り先を増やし、肥大化しているのは言うまでもないことだ。
 次に、警備会社も天下り先だ。警察が指定する警備会社の場合、イベント等の許可は簡単に出るが、そうでない場合は色々と難癖をつけては、「なかなか出さない」という事もあるという。人間というのは得てしてそういうものだが、良くしてくれる者には甘く、知らぬ者には冷たい。ましてそこに利害が存在したなら尚更の事である。

この癒着からくる怠慢な形態が、須磨の大惨事(第32回明石市民夏まつり花火大2日目となる21日の午後八時半頃、西日本旅客鉄道山陽本線朝霧駅南側の歩道橋において、駅方面からの見物客と会場方面からの見物客とが合流する南端で1平方メートルあたり13人から15人という異常な混雑から「群衆雪崩」が発生。死者11名と重軽傷者247名を出す大惨事)の起きた要因とになったといえる。
 日本では警察官は正義の味方、法の番人ではなく、法を利用して金儲けをする悪の権化と化していると言っても過言ではない。

仁侠界が時代と共に衰退していくなか、警察が国家権力を背景に、同じように組織ぐるみで仁侠界の上前を撥ねる形で、同じ事をそのまま行い金儲けをしているなんて「可笑しな話だ」と、つくづく思うのは筆者だけであろうか…。 

簡単に説明したならば、これまでヤクザ者がしていた用心棒に、警察という機関が国家権力を以て介入し、「ヤクザの代わりに、権力で守ってやるからお金を出しなさい」と、言っているようなものだから、実際、「ヤクザの上前を跳ねて金儲けをしている」と、言われても言い訳の仕様が無いだろう。