大和魂の象徴 日本刀を愛す

この頃、余り日本刀を好む人が少なくなったと聞く。これをみても、日本の歴史が色褪せて行く現象を垣間見る想いに浸る。刀は武器であるから脅威に感じる。と、いう人の意見も分からぬでもないが、筆者は世界無二の美装を持ち、サムライの魂とされた日本の刀『日本刀』を、大和魂の象徴として捉え、こよなく愛する一人であるため、第一号にはこの日本刀を皆さんに紹介しようと思う。

現在「日本刀」と聞いて一般的にイメージされるのは、やや反りあがった太刀だと想われる。

その太刀が出現したのは、おおよそ平安時代中期以降からであり、それ以前は反りのない直刀が使われていた。次第に鍛錬の技術が大陸から伝播し、「鉄」に対する新技法が活発化していき、日本刀の姿形が平安後期より鎌倉・南北朝・室町・安土桃山・江戸初期・中期・幕末への時代の移行につれ、用途の変化につれ大きく変化し現在に至ったのだ。現代伝えられている一般に普及している日本刀は、おもだって刀と呼ばれているもので、おおよそ、安土桃山時代末期、戦国時代と呼ばれる時代からの容姿に他ならない。つまり、同じようでも、『太刀』と『刀』は違うという事になる。

用途の違いというのは、直刀は斬ることよりも突く事にその用法の特色があり、次の時代に出現した反りのある太刀は、斬ることを主目的としているなど、使い方の違いがはっきり現れていった。

その最大の要因は、戦闘様式の変遷であったらしい。直刀期までの時代と違い、平安末期からは、反りのある太刀と弓箭(きゅうせん)が、馬上戦の最大の武器として威力を発揮し、合戦のたびに改良工夫がなされ、更に実用的効果をあげるために研究・改善が行われて行くにつれ、現代残される新刀『刀』に変化して行ったのだという。

刀は、太刀よりやや反りが少なく、切っても突いても両方に良い用法の特色がある。これは馬上から地上に移行した、戦闘形態の変化からなったものと考えられている。
 日本刀の製作は、平安後期から鎌倉時代にかけて、大和国・備前国・山城国・相模国・後発の美濃国の五ヶ国を中心として、各地に名工が輩出した史実から、日本刀の世界では、明治以降これを「五ヶ伝」と呼ぶようになった。江戸時代の新刀期になると、これに飽き足らず、自ら学んだ伝法に他の伝法を合わせ、新しい技法を誕生させる者も各地に現れ、その技法は現代刀にも受け継がれている。世界の愛好者の心を捉えて離さない日本刀には、独特の魅力や文化が秘められているのである。では、日本刀に秘められた魅力とは、独特の文化とはどのようなものなのか説明しよう。
 日本刀の持つ機能を追求し、一切の無駄を省いた姿・形に美麗さを醸し出し、その姿や反りの格好の中に映る、製作された歴史の中のそれぞれの物語や流れ、壮大な歴史のロマンが想像される。また、必要性に応じて生まれたという裏付けや、その時代の思潮や様相をも物語っているのだ。

研ぎ澄まされた地金の肌や刃文に美を見出し、その魅力に惹きつけられる方も多いことだろう。

地金の美しさは、和鉄の鋼を何回も折り返し鍛錬し、強靭な地金を作ることによって齎された鍛え肌の何とも言えない美しさ。その肌目は樹木の木肌と同じように、板目・柾目・杢目など文様はさまざまで、地肌のなかの「働き」には、地沸・地景・映りなど、非常に趣き深いものがある。地金の美しさは、刀の出自をも教えてくれるのである。
刃文の文様は、製作時代、刀工の系統、特色をよく現し、変化に富んだ刃中の様々な働きを発見することに楽しみを見出す者もいる。刃文には沸出来(にえでき)、匂出来(においでき)などがあり、透かして見ると、秋夜の星の如くキラキラと見える沸、また、ぼうっと霞んだ天の川を望むように見える匂などと言われている。これは刀工の美意識の集約とも言えるものらしい。
 筆者は特に日本刀の美を見るに、悠久の歴史を感じるのだ。長い歴史と日本文化が織りなした容姿、その陰にある精神と逸話、まさに大和魂の象徴というべき宝であるといえる。

日本刀は武器ではあるが、信仰の対象ともなり、権威の象徴ともなってきた歴史観がある。現代に於いても居合道の世界では、刀は神であるとし礼法で崇められているのだ。

日本の歴史の中で、日本刀は千年を越えて大切に保存され、その果たされた役割は大きく、まさに日本の文化であると言える。日本刀は武士の魂と言われ、日本刀を見て武士道の精神を感じるのは筆者以外にも多く見られるだろう。

第一、刃物としての役割として、その切れ味は他に類を見ない切れ味であり、筆舌に尽くしがたいものがある。鉄をも切断してしまう鋼の鍛えの見事さには、不思議な感情すら抱き、刀は神とする居合道の教えには、自然に納得させられてしまうほどだ。
 千年の悠久を超えて、いまなお製作当時の姿をそのままに伝え、日本刀に付随する装備や、鞘、柄、柄糸、金具類といった、一つ一つの匠が生した装飾品の数々も、日本人特有の木目細かな技術をしてなせる技が生き続け、真似のできない匠の技には深く趣を感じ感心させられる。

壮大なロマンを含み燦然と輝く日本刀には、世界に類を見ない日本の文化財であると痛感し、日本人の弛まぬ努力の歩みと、美学、世界無二の日本文化と精神を、間近で感じることが出来る一つなのではないかと思う。永い日本の歴史の中で育まれ、守り抜かれてきた日本文化の逸品を、この機会にぜひ眺めてみてはいかがでしょう。